MAP
096-349-8336
HOME
クリニック案内
院長・スタッフ紹介
交通アクセス
診療案内

熊本市 胃腸科 内科/ピロリ菌 検査

ピロリ菌

HOME»  診療案内»  ピロリ菌

ピロリ菌とは

ピロリ菌ピロリ菌は、らせん型の鞭毛を持つ菌で胃の粘膜に生息しています。胃・十二指腸潰瘍の人の90%以上がピロリ菌に感染しています。ウレアーゼという酵素を持ち、この酵素によって胃の中の尿素という物質からアンモニアをつくりだします。
アンモニアはアルカリ性のため胃酸を中和し、中性に近い環境を自分でつくりだすことができるので、強酸性の胃の中でも生息することができます。

ピロリ菌の感染

日本では年齢とともにこのピロリ菌を持っている人が増えていき、40歳以上では約80%の頻度となっています。人から人への経口感染(口から口)が推測されていますが、はっきりしたルートは不明です。ただし、ピロリ菌の感染率は、先進国に比べて、いわゆる発展途上国できわめて高いという調査結果が出ており、上下水道の普及率に比例することから、衛生環境と関わっていることが推察されています。しかし、たとえ感染しても大半は病気にはならず、また生活環境の進歩、生活習慣の変化とともにこの菌を持っている人は減少しています。現在のわが国の生活環境では、成人の年間感染率は、1%前後と考えられています。

また、一時期、内視鏡検査を介した感染が問題となっていましたが、消毒方法の改善により感染は少なくなりました。当センターでは、検査ごとの消毒を内視鏡学会で推薦された方法で厳格に行っております。このため、感染する可能性はきわめて低いと考えています。

胃がんとの関係

ピロリ菌によって起こる慢性胃炎の終焉は、萎縮性胃炎や腸上皮化生という胃がんの起こりやすい状態の胃炎です。1994年にピロリ菌は発がん性グループ1(確実な発がん因子)と認定されています。ただし、ピロリ菌に感染してから、慢性胃炎→萎縮性胃炎→腸上皮化生へと進むまでに30年程度かかるといわれていますので、最終的に胃がんが発生するまでに何十年もかかり、ほとんどの人は胃がん発生に到らず一生を終えます。

胃がんとの関係で有名な調査には、上村直実先生らの発表があります。胃潰瘍や胃炎にかかった患者様を追跡調査したところ、ピロリ菌感染者だけに胃癌が発生し、感染していなかったひとは胃癌にはならなかったとの結果がでました。ピロリ菌に感染しているすべての人が胃がんになるのではありませんし、ピロリ菌以外にも胃がんの発生を促す危険因子があります。しかし、ピロリ菌に感染していない人には胃がんは起こらないことから、ピロリ菌による慢性胃炎は胃がんが起こるための必須要因と考えられます。一方で、関連性が薄いとの意見もあり、現在さらに大規模に調査が進められていますので、近いうちにはっきりしたことが分かる予定です。

ピロリ菌検査

内視鏡内視鏡を行ない、組織の小片を取り、直接的にピロリ菌の存在を確認する検査として、培養法、組織鏡検法、迅速ウレアーゼテストなどがあげられます。迅速、簡便で精度も高い迅速ウレアーゼテストが検査の中心となっています。
内視鏡を行なわずに間接的にピロリ菌を証明する検査として検査薬を飲んだ後に呼気を集めて、分析する尿素呼気試験や、血液検査である血清学的検査法もあります。

ただし、現在は胃潰瘍、十二指腸潰瘍のある患者様にかぎって、保険適応が認められており、潰瘍のない患者様に検査を行なった場合は自己負担になります。

ピロリ菌治療

わが国では従来、
①胃潰瘍
②十二指腸潰瘍のみが保険適応でした。
しかし、2010年6月から、
③早期胃癌粘膜切除術後
④MALTリンパ腫
⑤特発性血小板減少性紫斑病(ITP)が適応追加になりました。

ただし⑤特発性血小板減少性紫斑病(ITP)は血液内科で診断の上、同科にて治療となります。又、③早期胃癌粘膜切除術後についても入院治療した施設での除菌になります。
治療法ですが、抗生剤2剤とプロトンポンプ阻害剤(制酸剤)の計3剤を併用します。1週間、薬を飲むことによって80%の除菌率が報告されています。
しっかり除菌するとその後は潰瘍の薬を飲む必要がなくなり、再発もほとんどありません。

ただし、除菌の治療は中途半端でやめたりすると、ピロリ菌が薬に対して耐性をもち、次に除菌しようと思っても薬が効かなくなるおそれがありますので、必ず医師の指示通りに薬を飲むことが必要です。

内視鏡検査
エコー検査
ピロリ菌
検査案内